札幌での起業・独立・開業を専門税理士バックアップ | 札幌・起業設立サポート

毎月の業績を正しくつかむ! ~現金主義と発生主義~

  • 公開日:2015/08/12
  • 最終更新日:2015/08/12

毎月の業績を正しくつかむ

自社で日々の記帳を行っていく上で、売上と仕入をどこで計上するかもきちんとルールを決めて行っていく必要があります。

今回は、現金主義と発生主義についてご説明します。

現金主義と発生主義

現金の動きを見るか、物の動きを見るか会計処理(記帳)の方法には、現金主義と発生主義があります。

現金主義とは、現金の動き(入出金)を見て、取引を計上(記帳)する会計処理です。

一方、発生主義とは、商品の出荷、納品、入庫など物の動きを見て、取引を計上(記帳)する会計処理です。

 現金主義と発生主義

 税務署や金融機関は、この発生主義による決算書を求めているため、期中において、現金主義で会計処理した場合でも、期末には発生主義に組み替える必要があります。

現金主義と発生主義の違い

販売取引と仕入取引について、現金主義と発生主義の違いを見てみましょう。

 (1)販売取引における売上計上の違い

現金主義の場合、代金の入金(売掛金の回収)があった時点で売上を計上します(図表1 ①)。

そのため、商品を販売した時点(商品の出荷、納品時)では、売上や売掛金が記帳されていないことになります。

これに対して、発生主義の場合、得意先に商品を販売した時点(出荷、納品)で、売上や売掛金を計上します(図表1 ②)。

 販売取引における現金主義と発生主義の違い

(2)仕入取引における仕入計上の違い

現金主義の場合、仕入代金(買掛金)を支払った時点で仕入を計上します(図表2 ①)。

そのため、商品を仕入れた(入庫)時点では、仕入や買掛金は記帳されていないことになります。

これに対して、発生主義の場合、仕入先から商品が納品(入庫)された時点で仕入や買掛金を計上します(図表2 ②)。

 仕入取引における現金主義と発生主義の違い

 このように、発生主義は現金の入出金にとらわれず、売上や仕入を計上するため、毎月の業績を正しくつかむことが可能です。

また、発生主義では商品の引き渡しと同時に売掛金が計上され、仕入先からの納品時に買掛金が計上されるため、資金繰りの予定が早めにつかめるうえ、請求や回収の漏れ防止にも役立ちます。

 さらに、中小企業が会社法上の計算書類等を作成する際の会計処理等を示す「中小会計要領」(中小企業庁)では、「収益・費用の基本的な会計処理」として発生主義による会計処理を求めています。

適正な経理処理と、業績を正しく読み取る手段として検討されてはいかがでしょうか。

札幌で会社設立をお考えの方はまずお問い合わせください。

札幌・起業設立サポート

関連記事

損益計算書を収益改善に活かす

損益計算書を収益改善に活かす

利益を生み出すためには「売上」を上げる、「原価」「費用」を小さくする、儲かっていない活動を儲...

SEO対策

SEO対策の活用(集客の仕組みを作る)

前回は、Webを使った「紹介の仕組み」についてお話ししましたが、今回は、Web上で自社の情報...

簡単経理

会社設立後の簡単な経理知識

事業を始めると個人事業、法人を問わず必ず帳簿を作成しなければなりません。帳簿と聞くと税金の計...

営業力を磨こう!「名刺」

営業力を磨こう!「名刺」

起業を志す方の大半は、今までの仕事や趣味の経験を活かして「起業しよう!」と思われるのではない...

札幌・起業設立サポート

最新コンテンツ

売上アップの着眼点
売上アップの着眼点
今後ますます少子高齢化が進み、地方都市の人口は減少することが予想され
消費者の不便・不満解消がヒットの秘訣
消費者の不便・不満解消がヒットの秘訣
「物が売れない時代」といわれる中でも、数々のヒット商品が生まれていま
ピンチをチャンスに!売上アップを目指そう
ピンチをチャンスに!売上アップを目指そう
中小企業を取り巻く環境は、ますます厳しさを増しています。 新規創業さ
損益計算書を収益改善に活かす
損益計算書を収益改善に活かす
利益を生み出すためには「売上」を上げる、「原価」「費用」を小さくする
日々の現金管理のポイント
日々の現金管理のポイント
日々の現金管理は、正しい経理処理の基本であり、会社の規模の大小に関わ

PAGE TOP