札幌での起業・独立・開業を専門税理士バックアップ | 札幌・起業設立サポート

消費者の不便・不満解消がヒットの秘訣

  • 公開日:2015/10/01
  • 最終更新日:2015/10/01

消費者の不便・不満解消がヒットの秘訣

「物が売れない時代」といわれる中でも、数々のヒット商品が生まれています。

ヒット商品には、独創的なアイデアや新しい機能・価値を加えたなどの特徴があります。そのような中から、それまでの商品等に消費者が感じていた不便・不満、イライラを解消したことでヒットにつながった例を集めてみました。ヒット商品がどのように誕生したかを知ることで、これからビジネスを始められる方のアイデアの参考にしてみてください。

不便・不満、イライラを解消したことでヒットにつながった例

■不満-納豆のタレで手や食卓が汚れる!
■解決策-手や食卓を汚さないパック入り納豆

納豆を食べるとき、フィルムやたれで手や食卓、衣服を汚してしまった経験のある人も多いのではないでしょうか。

パック入り納豆「金のつぶあらっ便利!」((株)ミツカン)は、たれを箸でつまめるゼリー状にすることと、容器を工夫して乾燥防止用フィルムもなくすことで、手や食卓が汚れないようにしました。

たれの小袋とフィルムに感じている消費者の不満を解消したことが支持され、2008年の発売から2か月で6000万食を売り上げました。

■不満-味噌を溶くのが面倒くさい
■解決策-味噌を液体化した「液みそ」

日本の伝統的な調味料である味噌は、家庭によって味や好みが異なることから、もともとヒット商品が生まれにくいものでした。しかし、味噌を液体化した「液みそ」(マルコメ(株))は発売から20か月で500万本を超えるヒットとなりました。

従来の味噌には「溶け残る」「分量を量りづらい」「濃さの調節が面倒」「最後まできれいに使い切れない」「朝の忙しい時に、手軽にできない」といった消費者の不満が多くあったといいます。「味噌を溶く」ことは、当たり前のように考えがちですが、消費者はそれを面倒と感じていたのです。

「液みそ」は、溶け残りもなく、分量も量りやすく、従来は2分かかっていた味噌を溶く時間が10秒になるという手軽さが、消費者に受け入れられました。

■不満-選択の時間と水がもったいない
■解決策-コンパクト・節水・節電・時短を可能にした洗剤

衣料用洗剤に対する消費者の不満で多いのは、「洗剤が重くて買い物が大変」「2回のすすぎ洗いでは、水がもったいないし、洗濯に時間がかかる」だそうです。そこで、「コンパクト・節水・節電・時短」をキーワードに生まれた洗剤が「アタックNeo」(花王(株))です。

従来の液体衣料洗剤が「重さ1Kgで25回の洗濯」だったものを、「500mlペットボトルサイズ、重さ400gで25回洗濯」までコンパクト化し、通常2回必要とされるすすぎ洗いを1回で済むようにしたことで、節水、節電、時短がはかれるようにしました。「アタックNeo」は、発売1か月で1000万本を出荷するヒットとなりました。

■不満-ラーメンと一緒に頼んだ餃子が遅い
■解決策-ラーメンとほぼ同時に出す早出し餃子

東京、埼玉、千葉、神奈川を中心に大衆ラーメン店を展開する日高屋では、以前「早出し餃子」が話題になりました。これは、餃子を焼く機械を改良し、焼き時間を6分から1分半に短縮することでもう一つの定番であるラーメン(ゆで時間1分半)と同じタイミングでお客さんに出せるようにしたのです。

これは、同社の社員が、ラーメンと餃子を頼んだお客さんが、イライラしながら餃子の出来上がりを待っている姿に気づいたことがきっかけです。ラーメンと餃子を作る時間を同じにすることで、お客さんのイライラを解消し、餃子の売上を10%以上伸ばしました。

■不満―店を休業しなければ畳替えができない
■解決策-24時間営業の畳店

最近は、年中無休の飲食店も珍しくありません。年中無休の飲食店が、店舗内の畳を張り替えるためには、休業するか座敷の使用を制限しなければなりません。そのため、「夜中にやってくれれば助かるのに」というのが飲食店の不満でした。

兵庫県の畳店TTNコーポレーションでは、そのようなニーズに応え、24時間の畳張り替えサービスを始めたところ、飲食店を中心に注文が殺到し、売上を4倍に伸ばしました。

ヒット商品の裏側には、研究開発や販売まで様々な苦労があり、簡単にヒットを生み出せるものではありません。

しかし、消費者の側に立って、不便・不満を解消するという視点は、自社の商品・サービスを見直す際のヒントにしてみてはいかがでしょうか。

札幌で会社設立をお考えの方はまずお問い合わせください。

札幌・起業設立サポート

関連記事

日々の現金管理のポイント

日々の現金管理のポイント

日々の現金管理は、正しい経理処理の基本であり、会社の規模の大小に関わらず経営面からもおろそか...

人材、育成

従業員を育てる「人材の育成」

以前のブログ「従業員を雇う時に知っておきたいポイント」で従業員を雇用する時に知っておきたいこ...

ピンチをチャンスに!売上アップを目指そう

ピンチをチャンスに!売上アップを目指そう

中小企業を取り巻く環境は、ますます厳しさを増しています。 新規創業される方も例外ではなく、...

毎月の業績を正しくつかむ! ~変動損益計算書を活用しよう~

毎月の業績を正しくつかむ!~変動損益計算書を活用...

経営において、毎月の業績をきちんと把握することは不可欠です。 今回は、毎月の財務の数値から...

札幌・起業設立サポート

最新コンテンツ

売上アップの着眼点
売上アップの着眼点
今後ますます少子高齢化が進み、地方都市の人口は減少することが予想され
消費者の不便・不満解消がヒットの秘訣
消費者の不便・不満解消がヒットの秘訣
「物が売れない時代」といわれる中でも、数々のヒット商品が生まれていま
ピンチをチャンスに!売上アップを目指そう
ピンチをチャンスに!売上アップを目指そう
中小企業を取り巻く環境は、ますます厳しさを増しています。 新規創業さ
損益計算書を収益改善に活かす
損益計算書を収益改善に活かす
利益を生み出すためには「売上」を上げる、「原価」「費用」を小さくする
日々の現金管理のポイント
日々の現金管理のポイント
日々の現金管理は、正しい経理処理の基本であり、会社の規模の大小に関わ

PAGE TOP