札幌での起業・独立・開業を専門税理士バックアップ | 札幌・起業設立サポート

「事業」を起こすこと。「経営」していくこと。

  • 公開日:2015/06/17
  • 最終更新日:2021/02/12

事業と経営

これから起業する人のほとんどは、最初は小さな規模でスタートすると思いますが、お金を儲ける以上、それは「事業」であり、事業を継続的に行うのであれば、それは「経営」です。

これは小規模な起業でも大企業でも全く同じです。
したがって事業とは何か、経営とは何かについては最低限理解しておく必要があります。簡単に言えば、事業とは、ひとつひとつのビジネスそのものを指します。

例えば、あなたが起業して最初の商品が大ヒットしたとすれば、事業としては成功したことになります。しかし当然ながらその商品が永遠に売れるはずはなく、第2第3の新商品の販売を成功させていかなければなりません。

このように、途切れなく事業を継続していく事こそが、「経営」ということになります。

もちろん起業したての頃は、目の前の最初の事業を成功させることに集中せざるを得ないでしょう。しかしどこかで、発想を個別の「事業」から全体としての「経営」に切り替えていかないと、長期的な成功は望めません。

「経営」についてもう少し詳しくお話したいと思います。
経営の基本は「良い商品を上手に売り続けること」です。

「良い商品」というのは、当然ですが、買ってくれる顧客にとって、良い商品でなければなりません。売る側がいくら良い商品だと思っていても、買う側がそう思わななければ意味がありません。

では、顧客にとって良い商品とは、どういうものでしょうか。
それは顧客が持っている「こうしたい」とか「この問題を解決したい」といったニーズに応えることが出来る商品です。「顧客にとってどれだけ役に立つか」でその商品の持つ「商品力」が決まります。

「経営」を続けるためには、ひとつの商品だけでなく、顧客にとって役に立つ商品を次々に生み出し続ける「商品開発力」が必要になります。そして、良い商品が出来たなら、それを次に売っていかなければいけません。

「上手に売る」というのは巧みな話術で丸め込んで顧客に売りつけることではありません。その商品が本当に商品力がある、つまり顧客にとってそれが役に立つ商品であることをきちんと伝え、納得して頂き、購入してもらうことが大切です。そして、その顧客に今後も継続して買い続けてもらわなくてはいけません。

したがって、「売ったまま」ではなく、購入後のアフターフォローや、購入して頂いた後の「もっとこういうことを解決したい」などの更なる要求発掘を通じて、顧客に満足してもらう「営業力」が必要になります。

つまり「経営」とは、「一度だけいい商品を作り一度だけ売る」のではなく、「繰り返し何度も良い商品を作り継続して売る」ことなのです。

札幌で会社設立をお考えの方はまずお問い合わせください。

札幌・起業設立サポート

関連記事

販売促進 プラン

販売促進のアクションプランを考える

以前「開業時の集客計画「オープニングプラン」について」をご紹介させていただきましたが、今回は...

事業計画

事業計画の立て方

事業計画書は、これから始めようとしている独立・起業の設計図です。 融資を申し込む際や仕入先...

ミラサポ

創業時に心強い公的機関の支援ポータルサイト 「ミ...

事業を始める際に、みなさんその事業分野においては専門家だと思いますが、専門分野以外に事業主と...

会社 ストーリー

自社の「ストーリー」を考えるということ

当ブログ以前の記事「自社ブランド確立のために」で、「ライバルとの優位性を明確にする」ことにつ...

札幌・起業設立サポート

最新コンテンツ

売上アップの着眼点
売上アップの着眼点
今後ますます少子高齢化が進み、地方都市の人口は減少することが予想され
消費者の不便・不満解消がヒットの秘訣
消費者の不便・不満解消がヒットの秘訣
「物が売れない時代」といわれる中でも、数々のヒット商品が生まれていま
ピンチをチャンスに!売上アップを目指そう
ピンチをチャンスに!売上アップを目指そう
中小企業を取り巻く環境は、ますます厳しさを増しています。 新規創業さ
損益計算書を収益改善に活かす
損益計算書を収益改善に活かす
利益を生み出すためには「売上」を上げる、「原価」「費用」を小さくする
日々の現金管理のポイント
日々の現金管理のポイント
日々の現金管理は、正しい経理処理の基本であり、会社の規模の大小に関わ

PAGE TOP