札幌での起業・独立・開業を専門税理士バックアップ | 札幌・起業設立サポート

自社の「ストーリー」を考えるということ

  • 公開日:2015/03/19
  • 最終更新日:2015/03/19

会社 ストーリー

当ブログ以前の記事「自社ブランド確立のために」で、「ライバルとの優位性を明確にする」ことについてお話しましたが、そもそもその優位性の根源はなんなのか?

今回は、ブランドの存在・理念の根源「ストーリー」を明確にする方法をお話しします。

「ストーリー」とは?

まず、ストーリーとはなんでしょうか。

例えば、スターバックス。「喉が渇いたからコーヒーを飲もう」ではなく「寛ぎたいから、リラックスしたいからスターバックスに行こう」といった具合に、スターバックスへ行く行為そのものが、お客様の「喉が乾いた」という生理的現象にとどまらない、「寛ぎ」などの感情的な経験に訴えかけるものになっています。ただ単に、「喉が乾いた」のなら、缶コーヒーでも、水道の水でも代用は可能ですし、ただ単に「座りたい」とのなら、他の喫茶店でも公園のベンチでも代用は可能です。

しかしながら、スターバックでしか体験できない「寛ぎ」や「リラックス」を経験したお客様はことわるごとにそれを思い出すことになり、それこそがスターバックスの存在の価値として物語=ストーリーを提供しています。スターバックスは自らのビジネスを「コーヒー・ビジネス」ではなく「ピープル・ビジネス」と称しています。

これは、お客様に単に飲み物を提供するビジネスではなく、「人々が寛ぐことのできる場所を提供する」という理念を基に、そこに共感してくれるお客様を集めることで、ストーリーを創造しているのです。

このように価値観や経験を反映したストーリーは、聞いた人、体験した人の心を打ち、その人の記憶に残り、更に友人や知人に語られ広がっていく可能性があります。

自社の「ストーリー」を考えるには?

では、自社に置き換えた場合はどうなのかですが、まず起業を思い立った時のことを、何度も積極的に、誰かに熱く語ってみてください。

何度もストーリーを人に話すことによって、人がどのポイントで頷いてくれるのか、興味をもってくれるのかがだんだんわかってきます。そうしているうちに、自分では平凡だと思っていた起業への思いが、多くの人を感動させる洗練されたストーリーへと進化していきます。

私も、起業される前のお客様と初めてお会いするときに、「起業の思い」について、事業計画書などを拝見しながらお伺いすると、ほとんどの方は、初めは比較的淡々と「もともと勤め人でいるより自分でやってみたかった」といったようなニュアンスのお話をされるのですが、いろいろとお伺いしていくうちに、「実は子供の頃からのいつかやりたかった」とか、「地域の方々が困っていることを少しでも解消させたい」といったような思いがあったり、とても引きつけられる魅力的なストーリーを語ってくださることもあります。

私の経営コンサルタントという仕事は、事業のご相談や事業戦略の立案ももちろんですが、こういった事業の物語=ストーリーを明確にして、それを広めていくお手伝いも重要だといつも思っております。

 

とにかく何度も誰かに話してみること。そこから初めてみてはいかがでしょうか。

札幌で会社設立をお考えの方はまずお問い合わせください。

札幌・起業設立サポート

関連記事

創業時に心強い公的機関の支援ポータルサイト②「J-Net21」

創業時に心強い公的機関の支援ポータルサイト②「J...

事業を始める際に、みなさんその事業分野においては専門家だと思いますが、専門分野以外に事業主と...

ミラサポ

創業時に心強い公的機関の支援ポータルサイト 「ミ...

事業を始める際に、みなさんその事業分野においては専門家だと思いますが、専門分野以外に事業主と...

事業計画

事業計画の立て方

事業計画書は、これから始めようとしている独立・起業の設計図です。 融資を申し込む際や仕入先...

札幌・起業設立サポート

最新コンテンツ

売上アップの着眼点
売上アップの着眼点
今後ますます少子高齢化が進み、地方都市の人口は減少することが予想され
消費者の不便・不満解消がヒットの秘訣
消費者の不便・不満解消がヒットの秘訣
「物が売れない時代」といわれる中でも、数々のヒット商品が生まれていま
ピンチをチャンスに!売上アップを目指そう
ピンチをチャンスに!売上アップを目指そう
中小企業を取り巻く環境は、ますます厳しさを増しています。 新規創業さ
損益計算書を収益改善に活かす
損益計算書を収益改善に活かす
利益を生み出すためには「売上」を上げる、「原価」「費用」を小さくする
日々の現金管理のポイント
日々の現金管理のポイント
日々の現金管理は、正しい経理処理の基本であり、会社の規模の大小に関わ

PAGE TOP