起業・独立・開業を専門税理士バックアップ | 起業設立サポート

販売促進のアクションプランを考える

  • 公開日:2015/04/01
  • 最終更新日:2021/02/12

販売促進 プラン

以前「開業時の集客計画「オープニングプラン」について」をご紹介させていただきましたが、今回は事業を始めてからの販売促進のアクションプランについてご説明したいと思います。

いざ営業が始まると、日々の業務に追われてオープニングのような宣伝活動が行えなくなる場合があります。

以前のブログ「自社ブランド確立のために」で「ブランドは、お客様との接点の印象の積み重ねによって構築される」ことをご説明しましたが、顧客との接点の重要な1つである宣伝活動が十分に行えないと、せっかくオープニング時に頑張ったのに、徐々に印象が薄れていき、お客様の足が遠のいてしまうことになります。

そうならないためにも、宣伝活動は地道にし続けなければいけません。しかし、それが地道であるがゆえに多くの方々は日常の業務を優先し宣伝活動を疎かにしてしまいがちです。

宣伝活動計画表を作成する

そうならないために、宣伝活動を計画表に落としこんでおくことをおすすめします。そうすれば、客足が減ってから「気がつけばここずっと何もしていなかった。。」と後悔することもありませんし、「きまり」にしておけば自分自身へのプレッシャーにもなります。

また、従業員などの第三者に任せる場合にも、唐突に「チラシ配ってきて!」では、「他の仕事もあるのに。。。」と否定的に捉えられる可能性がありますが、あらかじめシステム化されていることであれば、「この会社は毎月◯◯日付近にチラシ配りがある」と通常業務として従業員もすんなり受け入れてくれることでしょう。

また、年間のイベント計画については、概要だけでもいいので(出来れば日程も)「必ずやるぞ!」と計画を立てましょう。こうすることで急場に慌てることなく、「この日程でイベントをやるには◯◯までに広告を出す」「◯◯までに商品の発注をする」など、そこまでになすべきことも明確になります。

また、前回ブログでも書いた「ライバル(競合)を調べる」際にライバルがどのような戦略を立てて事業をしているかを把握することも大いに役立ちます。

計画はできるだけ開業前に立てておくことをおすすめします。

宣伝活動計画表の作成例

いつまでに何をやるか?どんなことをやるかを、あらかじめ計画しておくことが大切です。

<日々の販促プラン>

第4木曜日 必ずチラシを配る
第1月曜日 必ずライバル店を調査に行く
毎週金曜日 必ずフェイスブックを更新する

 

<年間の販促プラン>

 1月  新春イベントを実行!
 2月
 3月
 4月  お花見キャンペーンを実行!
 5月
 6月
 7月
 8月  夏祭り開催!
 9月
 10月  紅葉キャンペーン!
 11月
 12月

札幌で会社設立をお考えの方はまずお問い合わせください。

札幌・起業設立サポート

関連記事

起業、経験、重要性

起業する業種の経験の重要性

まったく経験のないビジネスを始めるよりも、長年の経験を活かしたビジネスを始めた方が、その商品...

創業時に心強い公的機関の支援ポータルサイト②「J-Net21」

創業時に心強い公的機関の支援ポータルサイト②「J...

事業を始める際に、みなさんその事業分野においては専門家だと思いますが、専門分野以外に事業主と...

オープニングプラン

開業時の集客計画「オープニングプラン」について

前回は、「起業時のブランディング」のことについてご説明しましたが、今回は、ブランディングをし...

事業と経営

「事業」を起こすこと。「経営」していくこと。

これから起業する人のほとんどは、最初は小さな規模でスタートすると思いますが、お金を儲ける以上...

札幌・起業設立サポート

最新コンテンツ

売上アップの着眼点
売上アップの着眼点
今後ますます少子高齢化が進み、地方都市の人口は減少することが予想され
消費者の不便・不満解消がヒットの秘訣
消費者の不便・不満解消がヒットの秘訣
「物が売れない時代」といわれる中でも、数々のヒット商品が生まれていま
ピンチをチャンスに!売上アップを目指そう
ピンチをチャンスに!売上アップを目指そう
中小企業を取り巻く環境は、ますます厳しさを増しています。 新規創業さ
損益計算書を収益改善に活かす
損益計算書を収益改善に活かす
利益を生み出すためには「売上」を上げる、「原価」「費用」を小さくする
日々の現金管理のポイント
日々の現金管理のポイント
日々の現金管理は、正しい経理処理の基本であり、会社の規模の大小に関わ

PAGE TOP